歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

長生きするための「ノドと肺の鍛え方」

 最近、食事中むせたり、飲み物が誤って気管に入ることが多くて……そんな人は要注意! 軽く考えると、死の危険も!!

 

 食事中にうまく飲み込めなくてむせたり、飲み物を飲もうとしたら気管に入って、苦しい思いをしたことは誰にでもあるのでは? だが、この日常的な現象が、危険なことに気づいていない人は多い。気管に物が詰まれば窒息死することもありうるが、最近、何よりも怖いと言われるのが「肺炎」である。歯科用ルーペ

 

 近年、我が国では肺炎が死因で亡くなる人が急増。日本人全体の死因は長らく、第1位=がん、2位=心臓疾患、3位=脳血管性疾患となっていたが、2011年からは脳血管性疾患に代わって、肺炎が3位にランクインしているのだ。スリーウェイシリンジ

 

 医療ジャーナリストは、こう言う。「肺炎の中でも最大の脅威なのが、誤嚥(ごえん)性肺炎です。厚労省は年齢別の調査で、90歳以上の男性の死因で肺炎を1位としていますが、70歳以上の人で肺炎にかかる人の7割以上が、誤嚥性だといわれています。また、医師や研究機関によっては、65歳以上、あるいは70歳以上の人の死因第1位が、この誤嚥性肺炎であるとすることも多く、高齢者にとっては、とても危険な病気なのです」

 

 この誤嚥性肺炎、なんと死亡者の95%以上が65歳以上だという。また、なぜか女性より男性の患者が多いのが特徴だ。新潟大学名誉教授で、現在、東京都内の介護老人保健施設の主治医を務め、多くの誤嚥性肺炎患者を診ている岡田正彦(医学博士)氏は「誤嚥性肺炎になる方が増えたのは、高齢化が主な原因です」と話し、メカニズムをこう解説する。

 

blog.goo.ne.jp