歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

スポーツ歯科医100人認定へ,県歯科医師会 マウスガード普及図る--Part2

 認定事業を担当する県歯科医師会理事(学校歯科)の高橋均さんは「スポーツ歯科学の分野は、大学の歯学部でも正式な講座を設けているところはまだ少ない。選手を科学的に支える専門職の一つとして、県内の態勢を整える必要がある」と話す。歯科レントゲン

 

 スポーツマウスガードは、激しい接触を伴うアメリカンフットボールラクロス、ボクシング、テコンドーなどで着用が義務付けられている。ラグビーやホッケーなどにも広がっており、けがや脳振とうを防ぐほか、競技に集中できる効果もあるという。シェードガイド

 

 県歯科医師会は今後、福井国体の強化指定選手の希望に応じ、歯並びやあごの形に合わせてスポーツマウスガードを作り、無償提供する予定。

 

 理事(広報)の中村孝久さんは、「中高生の選手は部活動などで定期的なケアが難しい場合が多いが、歯と口の状態は食事など体づくりに影響する。将来的には、小学生の年代から歯科医が選手の健康と成長に関わる態勢を視野に入れている」と述べた。

 

保険治療を勧められず… - 最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報 - Yahoo!ブログ