歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

咀嚼は内臓の負担を減らし、栄養を摂り込みやすくする

子どもの頃に「よく噛(か)んで食べなさい」と周りの大人に注意された経験は一度や二度ではないはず。「よく噛むのはいいこと」というイメージはあるものの、具体的にどんな良さがあるのか、どの程度噛めばよいのか、よくわからない人も少なくないだろう。歯科レントゲン

 

咀嚼(そしゃく)がもたらすメリットとは何なのか。慶應義塾大学病院で歯科・口腔外科担当の中川種昭先生に話をうかがった。

 

咀嚼とは、食べ物を歯で細かく粉砕して消化しやすくすることを意味する。よく噛まずに飲み込むと内臓が消化させようと働くため、負担がかかってしまい、栄養も取り込みにくくなってしまう。シェードガイド

 

「食べ物が口の中に入ると唾液が分泌されます。唾液には『唾液アミラナーゼ』という消化酵素が含まれているので、ゆっくり咀嚼することで食べ物と唾液の消化酵素が混ざり、飲み込んだときにはある程度消化されている状態になるのです。飲み込むように食べてしまうと、消化酵素の力が発揮されないまま内臓に入ってしまうので、負担が大きくなってしまいます」

 

内臓への負担が軽減されると、消化不良によって引き起こされる下痢や腹痛などの予防にもつながるとも考えられている。歯ぎしりや歯をぎゅっと噛みしめてしまう食いしばり行為は、消化不良からくるとも言われている。咀嚼によって消化不良が解消されると、思わぬメリットもあるというわけだ。

 

松田聖子「腰痛治療中の妻を支える!」歯科医夫の献身5年 - 最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報 - Yahoo!ブログ