歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

虫歯や歯周病も歯並びに悪影響を与える!?

「歯並びが悪い」と一言で言っても、さまざまなケースがある。例えば、「あごの大きさに比べて歯が大きく、歯と歯が重なってしまう部分がある」「歯が小さいためキレイに並びきらず、歯と歯の間にすき間ができてガタガタになっている」などが一例だ。歯科用ルーペ

 

「歯並びには、I級からIII級まで異なるケースがあり、歯科医はその分類で診断します。I級は、上あごと下あごの前後的位置関係に問題はないけれど、歯自体がその中でうまく並んでいない人。II級は、上あごが下あごに対して前に出ていて前歯が出ている人。III級は逆に下のあごが前に出ている人です。歯並びの悪さは骨格の問題なのかどうか、原因をきちんと分析することが大切です」スリーウェイシリンジ

 

そもそも、どうして歯並びが悪くなってしまうのだろうか。原因の一つとして先天的な遺伝が関係していると中川先生は解説。あごの大きさと歯の大きさがちぐはぐであるなど、あごの発育に遺伝的な要因があることが多いという。

 

「後天的な原因としては、悪習癖や発育不良があります。例えば、子どもがずっと指しゃぶりしていると、指の力によって前歯が少しずつ前に押し出されていきます。また、子どものころ食べ物をしっかり噛む習慣がないと、あごが発達せず、歯がキレイに並ぶ土台ができなくなってしまいます」

 

blog.goo.ne.jp

もちろん、成人してから歯並びが悪くなるケースもある。その原因の一つが「歯周病」だ。歯周病は、歯を植えている組織が弱くなり、歯を支えている骨が溶けてきてしまう病気。歯の周りにも炎症を起こすことで歯がぐらぐらと動き、歯が移動してしまう。