歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

NHK「クロ現」の生命保険特集は、秀逸だった

「自分のリスクをきちんと把握する」ことが大切

 

1 (民間の)保険の位置づけ

まず、民間の保険は、健康保険・遺族年金・老齢年金などの公的な保障制度を補完するものであると、位置づけられていました。事実、私たちは、あらかじめ、医療・死亡・所得補償等さまざまな分野で、公的な保障制度に守られています。会社員の場合、勤務先の健康保険組合や福利厚生制度が手厚く、民間の保険で保障を確保する必要性が低い人もいます。歯科レントゲン

 

1カ月の医療費自己負担額の上限が2万円に収まる健保組合に所属していることを知り、加入していた医療保険がん保険を解約するような人もいるのです。シェードガイド

 

番組では最後のほうで「自分のリスクをきちんと把握する」ことが大切であるとまとめられていました。それは、「(民間の)どんな保険に入ればいいのか?」と考える前に、健康保険等の制度によってどれくらいの保障が得られるのか、確認することから始まるのです。

 

レセプト請求前に医療機関でエラーをチェックするシステム、2020年度から導入—厚労省 - 最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報 - Yahoo!ブログ