歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

長時間メディア利用、睡眠不足、朝食欠食の子供は虫歯になりやすいと判明

同調査は、富山大学地域連携推進機構が高岡市内の5つの小学校に通う1年生から6年生までの全児童2109名(有効回答数1651名)を対象として、2016年1月にアンケート調査を実施したもので、あすなろ小児歯科医院の浅香有希子歯科医師富山大学大学院医学薬学研究部の山田正明助教らが分析を行った。また、同調査結果は5月25日、26日に開催された第55回日本小児歯科学会大会で発表された。歯科用ルーペ

 

分析の結果、虫歯のある子供(虫歯の治療中あるいは未治療の虫歯があると回答した子供)は全体の9.2%だった。また、虫歯は、長時間メディアを利用する子供、睡眠時間が短い子供、朝食を欠食する子供に多いことが分かった。間食の摂取頻度や運動習慣と虫歯とに明らかな関連性は認められなかったという。近年、乳幼児期からのフッ素塗布などの虫歯予防活動によって、虫歯のある子供は減少傾向にあるが、今回の調査から、生活習慣が乱れている子供には、依然として虫歯が多いということがわかった。スリーウェイシリンジ

 

長時間メディア利用、睡眠不足、朝食欠食の子供に虫歯が多い原因として、同調査チームは、自律神経(交感神経と副交感神経)の活動を介した唾液分泌の量や質の変化に一因があると考えているという。唾液分泌は、交感神経と副交感神経の両方に調節されていて、リラックスしているときは副交感神経活動が高くなり、漿液性唾液(サラサラの唾液)が分泌され、唾液量も多くなるが、緊張しているときは交感神経活動が高くなり、粘液性唾液(ネバネバの唾液)が分泌され、唾液量も少なくなる。長時間のメディア利用による精神的な興奮や、睡眠不足の状態、朝食欠食による空腹ストレスでは、交感神経活動が高くなることが知られており、これらの生活習慣をもつ子供は唾液分泌量が低下する可能性があるという。唾液には虫歯予防作用があるため、唾液が減少すると虫歯になりやすくなると考えられ、実際、唾液分泌量が低下する病気の患者は虫歯になりやすいことが知られている。

 

過去の調査から、睡眠不足は免疫機能を低下させ感染症になりやすくなることや、朝食を欠食する子供は歯磨き回数が少ないことが知られている。虫歯はミュータンス菌による感染症のため、生活習慣の乱れた子供は、自律神経の変化に加えて、これらの機序により虫歯になりやすくなると考えられるということだ。

 

plaza.rakuten.co.jp