歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

歯を抜いたあと、放っておくと危険です

虫歯や歯周病などで、歯を抜かなければならないと歯医者さんから言われたとき、幾つかの治療方法が提示されます。

ですが、抜歯した後、歯髄診断器治療せずにそのままにしてしまっている方もおられます。

確かに奥歯が1本くらいなくても、他人からはほとんど見えないし、物を噛む時も、それほど不自由を感じないかもしれません。しかし、そのまま放っておくと、実は怖いことが起こるのです。

COXO®CX207-GS-TP歯科用ライト付き高速タービン(Sirona®R/Fと互換、カップリング付き)

それは、抜けた歯の部分にスペースが出来るために、両隣の歯が空いたスペースの方へ少しずつ倒れてきます。また、横の歯だけでなく、例えば上の歯がない場合、下の歯が上に伸びてくることがあります。
1本歯がないだけでも、全体の噛み合わせが崩れ、このような事が起こってきます。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2158-b0-虫歯診断装置.html

その他にも、はっきりと発音できなくなったり、噛み合わせが悪くなることによって、知らない間に全身のバランスが崩れ、肩こりや頭痛、筋肉が張るなどの症状が出る場合もあります。

これらの症状は個人差があり、人によって様々です。
どの場所の歯を失ったかにもよりますので、早めに歯科医院で治療を受けることをお勧めします。

関連記事:安全な治療のためにCT撮影を行います