歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

インプラント周囲疾患の治療2

インプラント周囲炎の治療は、常にではありませんが、しばしば外科処置が必要となります。

外科療法の目的はインプラント表面の掻爬と汚染除去のためのアクセスを提供することです。

フラップを挙上し、生体情報モニタ露出したインプラント表面の細部にわたるまで注意深く機械的に清掃します(図11)。

清掃時に使用し、より効果を上げることが示された抗菌剤は、現在ありません。

インプラント周囲炎病変は骨喪失を伴うため様々な大きさと形態の骨欠損が起こります。外科治療術式は、また、硬組織のマネージメントのための処置を含みます。

Woodpecker® 超音波スケーラーUDS-A

よくある問題は、インプラント周囲炎に伴う骨欠損の頬側あるいは舌側の骨支持の喪失です。軟組織の適合とポケット除去を達成する為に骨整形による切除術式が必要となります(図12)。

欠損形態が再建術式に適した場合は、骨移植とGBRの使用が考慮できるかもしれません。

その際は、インプラント周囲炎病変を解消するために適切な抗感染治療を実施します。

インプラント周囲疾患の治療のゴールはポケットの封鎖とプロービングによる出血の排除を達成することです。口腔内カメラまた、その治療は適切なサポート治療の実施により支持組織の喪失の予防にならなければなりません。
・これらのゴールの基本は患者と医療従事者による感染管理です。
・医療従事者の感染管理手順にはインブラントと上部構造の硬質・軟質の細菌性付着物の除去が含まれます。
・外科療法の目的はインプラント表面の掻派と汚染除去のためのアクセスを提供することです。

関連記事:それでもインプラントは高いので悩む