Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

奥歯でも前歯でもインプラントで機能回復できます

虫歯や歯周病、事故等で歯を失った時に、これまでは入れ歯やブリッジでしか対応できませんでした。現在では失った歯の歯根の代わりにインプラントを顎の骨に埋め込み、その上に被せ物を取り付けることで、失った歯の機能を回復させることが出来ます。

失った歯が奥歯の場合、インプラントによってしっかりと噛む力が出るため、硬いものでも何でも食べられるようになります。歯周病で歯を失った方は歯がぐらぐらするのを気にしながら食事をされていたと思います。そのような方にとって、インプラントの歯でしっかり噛めて何でも食べられるということは、この上ない快感なのではないでしょうか。
オススメ商品をご覧ください:http://www.athenadental.jp/category-2158-b0-虫歯診断装置.html

失った歯が前歯の場合は、何といっても他人からの見栄えを一番気にされてきたと思います。インプラントの被せ物をセラミックにすることで、天然の歯とそっくりの色に作れますので、他人から義歯だと気付かれることはまずないでしょう。歯科外科用超音波骨切削器

RDT®手用ニッケルチタンロータリーファイル(Ni-Tiファイル)

インプラントは骨にしっかりと固定されていますが、インプラント治療後は歯周病を起こさないように天然歯と同じように毎日のケアをしなければなりません。つまり、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス等でていねいにケアを行い、歯垢が溜まらないように気をつける必要があります。歯髄診断器

そして数か月に一度は歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングをお受けください。その際に歯ぐきが炎症を起こしていないか、歯周ポケットが深くなっていないか、歯科衛生士がチェックしながら歯をきれいにクリーニングします。そうすることでインプラントを永く快適に機能させることが出来ます。

関連記事:抜けたスペースに噛み合う相手の歯が伸びてくる