Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

歯周病で歯を失う人が年々増えているそうです

歯周病とは、一口に言えば歯を支えている歯茎(歯周)の組織が細菌によって壊されて歯がぐらつきだし、最後は歯が抜けてしまう病気のこと。厚労省の調べでは歯周病にかかっている日本人は30歳以上では80%! しかも、高齢者のみならず、歯科技工用品30代40代にまで蔓延しつつあるそうです。

歯周病の恐さは歯が抜けてものが噛みにくくなったりするだけなんて安易に考えているかたも多いのではないでしょうか。歯茎の壊れた組織から体内に入った細菌が原因で心臓病などの血管障害や糖尿病などの心配、咀嚼力が落ちることで認知症の一因となるなど、色々な病気の一因になることも指摘されています。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2201-b0-義歯関連材料.html

Woodpecker®LED-I光照射器2300 mw/cm2

歯周病予防のためには、毎日の歯磨きに加えて、定期的に歯科医院での定期検診をおすすめします。その時に、軽い虫歯は発見できますし、歯科用知覚過敏抑制材料どの程度歯周病が進んでいるかも、定期的に診てもらうことで、予防や治療がきっちり出来ます。

歯周病だけでなく、歯に関するお悩みのある方は、まずお近くの歯科医院にご相談されるとよいと思います。歯のことに限らず、何事もプロの目で見て判断してもらうことは大切ですね。神戸三宮インプラントセンターでも歯周病の予防・治療を行なえますので、お気軽にご相談ください。

関連記事:ロコモティブシンドローム(運動器症候群)について学ぶ