歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

iPS細胞の山中氏ノーベル賞を受賞しました。

「皮膚などの体細胞から、様々な細胞になりうる能力をもったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り出すことに成功した。難病の仕組み解明や新薬開発、再生医療の実現に向けて新しい道を開いた。」
と、新聞などに掲載されています。歯科器材

iPS細胞:ヒトの歯茎から 捨てる組織活用

2010年には、歯科治療で切り取ったヒトの歯茎からiPS細胞を作ることに初めて成功したそうです。(大阪大大学院の江草宏助教と京都大の山中伸弥教授)捨てられていた組織を使うため患者の負担が少なく、生体情報モニタ将来的にあごの骨や歯の再生に役立つと期待されているようですね。

2011年には京都市下京区京都市立下京中学校を訪れて講演し、山中さんは、医師をやめて研究者の道を選んだ理由や、研究を世界的に注目されるまでに育てた道のりを語ったそうです。

歯面清掃用ハンドピース (豪華版2世代) ノズル(3本入)

山中さんが目指すのは、iPS細胞を使って様々な組織や臓器を人工的につくり、難病に悩む人たちに移植する「再生医療」を確立することだと言われ、発症すると悪くなるばかりの難病の患者、事故で脊髄を損傷し体が動かなくなった人たちのことを考え、「なんとか治してあげたい」と思い詰め、研究の道に導かれたと語ったそうです。
ES細胞は受精卵をつぶして作る。口や心臓も見える、受精後25日目の胎児の写真を恩師に見せられ、自分は赤ちゃんに育つ「生命の萌芽ほうが」を使わず、患者自身の皮膚などから、ES細胞と同じ性質を持つ万能細胞を作れないか考えたと語ったそうです。口腔内カメラ

もし入れ歯や差し歯の事でお悩みでしたら、ぜひインプラントを治療の選択肢に加えて下さい。きっと世界が広がるはずです。神戸三宮インプラントセンターは最高の医療を提供いたします。
関連記事:歯は大切ですね