歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

歯科医療者と摂食障害について

近年、摂食障害の方の口腔ケアの重要性が高まっています。従来は精神面、肉体面でのケアが重視されていましたが、それに加えて口腔ケアも忘れてはなりません。嘔吐がある場合は特に歯が酸で溶けていることが考えられますので、早めに歯科医院へ行き、歯科器材治療をぜひお受け下さい。以下は歯科医療者と摂食障害についての記事からです。

摂食障害が疑われた場合は,プライバシーが保護された環境下で患者さんと話し合い,医科受診へと導くことが医療従事者としての責務といえるでしょう.そして,初診対応の機会が多い歯科衛生上は最初の発見者にもなり得るのです.もし嘔吐があるならば,通常の歯科治療だけではなく,適切な予防処置が必要であることなどを伝えるにとどめ,歯科用インプラント装置まずは信頼関係の構築に努めてアプローチの時期を改めるほうが賢明でしょう.無理な追及は,通院拒否につながるおそれがあります.その後,摂食障害の可能性が高まれば,摂食障害は命にかかわる病気であることを真摯に説明し、医科受診を促さなければなりません。(VOL.30 デンタルハイジーン引用)

ジーシー G-ルーティング セルフアドヒーシブルーティングセメント

摂食障害だけでなく、全身疾患にかかると、口腔内の健康も次第に悪化していきます。歯科用知覚過敏抑制材料身体の症状にばかり気がいきがちですが、口腔内の健康も忘れずに、定期的に歯科医院での健診をお受け下さいね。歯のことでお悩みがありましたら、まつもと歯科の無料電話相談をご利用ください。カウンセラーがお話をうかがい、悩み解決のお手伝いをいたします。
関連記事:中高年の方の歯周病予防