歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

喉頭は呼吸と食べ物を飲み込むための器官

人の嚥下のシステムは、他の生物に比べてとても複雑に出来ています。

呼吸と食べ物を飲み込むことは、生きていくうえで最も大事なことですが、
その大事な空気と食べ物の通り道が一緒になっているのは、人間だけなのだそうです。

つまり、鼻や口から吸い込んだ空気は、喉頭を通って気管へと送られます。
そして、口から入った食べ物は、喉頭を通って食道へと送られます。

どちらも喉を通って、生体情報モニタいわば喉でクロスしているわけですね。

私たちは無意識していますし、食べ物を飲み込む時も
「さあ、食べ物は気管ではなく食道に送るぞ」なんて考えていません。
無意識に、自動的に、食べ物は喉から食道へ送られます。

改まって注目してみると、これってすごいことですよね。

JX®歯科インプラント歯模型M2018

これがどのように行われているかというと、
私たちの体は、物を飲み込む瞬間、喉頭蓋を塞ぐことによって食物を
食堂に送っています。
推奨製品:http://www.athenadental.jp/category-2022-b0-口腔内カメラ.html

呼吸をする時には、喉頭蓋を開けて空気を通します。

このタイミングを間違うと誤嚥になって、器官に唾液や食物が入って
むせて苦しむことになります。シール機

喉頭蓋が開いたときに飲み込んでしまうのは、喉頭部の動きがしなやかに動いていないことが考えられます。

その原因は老化であることも多いのですが、咀嚼に使う筋肉や舌がスムーズに動くように、舌回しやマッサージなどを行うと良いでしょう。
関連記事:お子さんの虫歯は早期発見で