歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

差し歯やブリッジの人工歯の材質

こんにちは。吹田市山田で開院している、まつもと歯科です。
本日は、差し歯やブリッジに使用される人工歯の材質についてお話させていただきます。

1.金属冠
皆さんに銀歯と呼ばれている歯です。根管長測定器主に金銀パラジウム合金や銀合金が使用されます。

2.レジン前装冠
金属冠の表面に白い歯科用プラスチック樹脂(レジン)を貼りつけています。
犬歯から犬歯までの前歯部なら保険適応です。犬歯より奥は保険適応外となります。
プラスチックなので、根管材料電気加熱注入器変色したりすり減ったり、割れたりしやすいのが難点です。

3.ハイブリッド冠
レジンとセラミックを混ぜた材料で作ります。
セラミックの天然歯に近い白色と、レジンの軟らかさ、双方の利点を生かした冠です。

TTL®歯科用埋め込み式双眼ルーペ3.5X-R拡大鏡

4.セラミック冠(メタルボンドとも言われます)
白金加金などの貴金属の表面にセラミックを焼き付けた冠です。
見た目が美しい陶材と、歯髄診断器強度の高い金属、両者の良い特徴を合わせ持った冠です。

5.オールセラミックジルコニア
金属を使わずセラミックやジルコニアだけで作ります。
近年、金属を使わないこのような歯科材料がフューチャーされています。
金属アレルギーの方にも最適です。
関連商品もたくさん出てきており、今後主流となる歯科材料になります。
関連記事 虫歯ゼロを目指して定期健診を行っています