歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

小児歯科について

子どもの歯は虫歯を予防して健康な歯をつくることがとても重要です。乳歯は丈夫な永久歯をつくるための大切な役割をもっています。口腔内カメラ子どもの頃から正しいホームケアや習慣を学んで健康な歯をつくりましょう。

また、歯並びが悪いと歯がきちんと磨けず虫歯になりやすい、姿勢が悪くなる、発音がうまくできないなどの悪影響が出てきます。早い時期から矯正を行うことで無理なく治療を進めていくことができます。

根管治療機器まつもと歯科の小児歯科では定期健診時にシーラントやフッ素塗布を行っております。

虫歯予防「シーラント」

子どもの歯は柔らかくて虫歯になりやすく、特に歯が磨きにくい歯の溝の部分は食べかすやプラークがたまりやすく虫歯になりやすい箇所です。

そこでフッ素入りのシーラント(歯の治療などに使うレジンという樹脂)で溝をふさいでコーティングしてあげることで虫歯を予防します。

マルチパラメータモニタ--- CMS6000(無呼吸アラーム搭載)

予防について
定期健診・ブラッシング指導

予防のために大切なのが定期健診です。痛みが出てから歯医者に行くのではなく定期的に口の中を検査してもらうとお口の健康を守ることができます。

定期的に健診を受けていただくと、もし虫歯ができてしまっていても早期発見や早期治療ができます。根管長測定器毎日歯みがきをしていても虫歯ができてしまった・・・という経験をされた方もたくさんいらっしゃると思います。

健診時には歯みがきの仕方をチェックしてうまくできていないところを説明・指導します。また、シーラントが脱落していないかチェックしていきます。

子どものお口の中は成長とともに変化していきます。定期的に経過を観察していくことで、最適なタイミングで最適な治療を行うことができます。
関連記事 知っておきたい歯周病と糖尿病との関わり