歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

「予防医療と抗加齢治療を実践する」自費研カンファレンス2017開催

[株式会社エスエス・ファシリティーズ]

診療科目の垣根を越えて、予防医療と抗加齢治療の情報共有と実践に焦点をあて、医科と歯科の同時開催。これからのクリニック経営に必要な「予防医療」「抗加齢治療」とは何かについて考えます。歯科レントゲン

 

株式会社エスエス・ファシリティーズは、 8月20日(日)ハイアットリージェンシー東京(東京都新宿区)にて「予防医療と抗加齢治療を実践する」をテーマに、 「自費研カンファレンス 2017」を開催します。 本カンファレンスでは、診療科目の垣根を越えて、予防医療と抗加齢治療の情報共有と実践に焦点をあて、医科と歯科の同時開催を致します。これからのクリニック経営に必要な「予防医療」「抗加齢治療」とは何かについて考えてまいりたいと存じます。シェードガイド

 

社会全体のあり方が、治療から予防に、大きく変化してきています。厚労省は予防・健康管理に関する主要な取組を企画実行しており、国民も出版物やテレビ番組から得られるたくさんの情報のおかげで、予防医療やアンチエイジングへの熱は高まるばかりです。クリニックはこのようなパラダイムシフトにどのように対応していくのでしょうか。現在、予防医療として提供されているものには、特定健診、がんスクリーニングなどの検査、生活習慣病の重症化予防としての投薬治療、サプリメント、点滴療法、ホルモン療法などがあります。一部のクリニックでは、遠隔診療などのITを使った生活習慣病の治療も始まっています。医療機関にとっても患者にとっても大きな利益となる治療とケアについて、「自費研」ならではの視点で、カンファレンスを行います。

 

adental.on.omisenomikata.jp

歯医者さんの「無痛治療」は本当に痛くないと信じて良いのか?

歯科治療に伴う痛みは歯医者さんが嫌われる大きな要因の1つです。

 

また、いかに素晴らしい治療であっても、痛みが伴えば患者様からの信頼はなかなか得られないため、歯科医師にとっても治療中の痛みは悩みの種なのです。歯科用ルーペ

 

そのため、近年では治療に際して痛みを最小限に抑える「無痛治療」に取り組む歯科医院も多くなってきました。

 

今回は実際に歯科医院で行われている無痛治療にはどのようなものがあるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。スリーウェイシリンジ

 

歯科麻酔に関する無痛治療

 

歯科治療時の痛みについて訴えが最も多いのが、麻酔の痛みです。

 

本来、麻酔は治療中の痛みを抑える目的で使用されているのですが、その麻酔自体が痛みの原因になるのは術者にとっても悩ましいところです。

 

ただ、近年では歯科機器や器具の発展によって、麻酔時の痛みもかなり軽減できるようになりました。また術者である歯科医も、麻酔時の痛みを少しでも和らげるように様々な工夫を行っています。

 

plaza.rakuten.co.jp

東京医科歯科大と国がん 難治性の小児悪性固形腫瘍で医師主導治験を開始 PARP阻害薬オラパリブで

国立大学法人東京医科歯科大学医学部附属病院・大学院医歯学総合研究科茨城県小児周産期地域医療学講座の高木正稔准教授らのグループはこのほど、国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院と共同で、難治性の小児悪性固形腫瘍患者を対象とし医師主導治験を開始したと発表した。PARP阻害薬オラパリブ錠の安全性及び忍容性を評価し、フェーズ2の推奨用量を決定する。治験薬はアストラゼネカから提供を受ける。歯科レントゲン

 

標準治療に抵抗性の難治性小児悪性固形腫瘍の予後は不良という。東京医科歯科大の高木教授らの研究グループは、神経芽腫の約半数にDNA損傷修復応答機構にかかわる遺伝子に異常を認め、DNA損傷修復を標的としたPARP阻害剤オラパリブが有用である可能性を見出した。そこで、まずは、3歳から18歳の小児悪性固形腫瘍のうち2種類以上の化学療法レジメンを行った後に腫瘍が残存する最大で18人の患者(造血器腫瘍、脳腫瘍は除く)を対象に、オラパリブの安全性を確認することから始めることにした。シェードガイド

 

研究費は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) の「臨床研究・治験推進研究事業」で支援する。

 

adental.on.omisenomikata.jp

がん組織の主要ながん免疫抗原として硫酸化グリコサミノグリカンを同定

東京医科歯科大学は7月31日、胃がん組織におけるリンパ球の抗原受容体の全体像を、次世代シーケンサーを用いた免疫ゲノム解析で解明し、硫酸化グリコサミノグリカンががん組織における主要ながん免疫抗原であることを突き止めたと発表した。歯科用ルーペ

 

この研究は、同大難治疾患研究所ゲノム病理学分野の石川俊平教授と加藤洋人助教、河村大輔助教らと、東京大学先端科学技術研究センターゲノムサイエンス部門の油谷浩幸教授、大学院医学系研究科人体病理学・病理診断学分野の深山正久教授との共同研究によるもの。研究成果は「Cell Reports」に掲載されている。スリーウェイシリンジ

 

胃がんは日本におけるもっとも高頻度な悪性腫瘍のひとつで、多くの人が罹患し、年間約5万人が死亡している。近年、がん免疫療法への注目が高まっているが、効果が得られるのは一部の症例のみであり、特に現行のがん免疫療法に抵抗性であると予想されるびまん型胃がん(スキルス胃がん)については、がん免疫システムの全体像の解明が求められている。

 

plaza.rakuten.co.jp

DeNAと小学館がデジタルメディア新会社、「MERY」ブランドを継続へ

 ディー・エヌ・エーDeNA)と小学館は2017年8月3日、デジタルメディア事業を運営する共同出資会社を設立すると発表した。小学館の記事作成とDeNAのシステム構築・運用、それぞれのノウハウを持ち寄る。新しく開設するメディアサイトには「MERY」の名称を引き継ぐ。ネット記事をまとめるキュレーション記事や一般利用者からの投稿記事は受け付けず、独自の記事を作成する方針だ。

 

 新会社の社名はMERYで、8月8日に設立する。資本金は6億5万円(資本準備金を含む)で、出資比率は小学館が66.66%、DeNAが33.34%。社長には小学館の山岸博副社長が就く。シェードガイド

 

 新会社は年内をめどに事業を始める。女性向けファッション情報を中心にしたメディアサイトを新しく開設する。

 

 新会社は「従来のMERYにおける運営体制を抜本的に刷新して、全ての記事を新たなプロセスに則り作成し、新しいMERYの誕生を目指す」。具体的な記事作成プロセスは未定だが、独自に企画、執筆、編集したオリジナル記事を掲載する方針という。「何かの寄せ集めで記事を作ることは想定していない」(DeNA)、「現状の方向性としては、一般投稿記事は一切載せない」(小学館)。歯科レントゲン

 

 従来のMERYなどDeNA傘下のキュレーションメディアではクラウドソーシングを使い、不特定多数の書き手に記事執筆を依頼することがあったが、この手法は「使わないと決定した」(DeNA)。書き手は新会社が組織するという。

 

 MERYの名称を引き継ぐのは、MERYのブランドが「若い女性に支持されている」(小学館)と判断したためだ。記事や写真の著作権侵害の恐れがあるなど「問題が生じたサイトであることは承知しているが、運営体制を刷新することで多くの女性に支持されるメディアを新たに作れるのではないか」(同)。

 

「吸いにくい」「買いにくい」「売りにくい」 - 最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報 - Yahoo!ブログ

麻酔--不安感や不信感が強い

麻酔はしっかり効いているはずなのに、それでも痛みを感じるのは心理的な要因も少なくありません。そこで大切なのでは、歯科医師との信頼関係です。

 

安心できる歯科医の下で治療を受けることが、無痛治療の第一歩といえるでしょう。小型集塵機

 

また患者様の中には痛みのほかに、極度な緊張や恐怖心などで治療を行えない方もいます。

 

このような方の場合は、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法といった特殊な無痛治療が必要となります。歯科用 セメント

 

・笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法は、不安感や緊張を和らげる効果のある笑気ガスを鼻から吸入して治療を行う方法です。すこしぼんやりとした感じはありますが、眠ったり意識を失うということはありません。

 

静脈内鎮静法

静脈内麻酔法は、静脈に鎮静薬を点滴して治療を行う方法です。浅い眠りの中にいるような感覚はありますが、呼びかけには応じられる程度の意識はあります。

痛みが苦手な方は事前に歯科医に相談しよう

多くの歯科医は治療中の痛みを軽減するよう、様々な工夫を行っています。

しかし痛みの感じ方には個人差があり、同じ治療でも痛みを感じる方とそうでない方がいます。

そのため「ちょっとした痛みも苦手」という方は、その旨を事前に歯科医に伝えることをお勧めします。そうすることで、歯科医の方も痛みに対するより細かい配慮を意識しやすくなるでしょう。

 

2017年「歯が命の日」一連の記念企画 - 最新の歯科ハンドピース用 カートリッジの情報 - Yahoo!ブログ

やぶ医者大賞に鏡野の澤田さん 県内初口腔ケア、啓発活動を評価

 地域のために奮闘する“やぶ医者”が岡山県鏡野町にいる―。地域医療の発展に貢献した医師をたたえる「第4回やぶ医者大賞」に、県内から初めて鏡野町国保上斎原歯科診療所の澤田弘一所長(50)=同町=が選ばれた。診療や検診にとどまらず、口腔(こうくう)ケアを中心とする予防、啓発活動が評価された。5日に兵庫県養父(やぶ)市で表彰式がある。

 

 澤田さんは神戸市出身で、岡山大歯学部などを経て1998年から同診療所に勤務。前任の病院で、歯が悪くなったら治療を繰り返すという毎日に「歯を治しても人を治せていない」と予防、啓発を意識するようになり、診療所で実践した。

 

 着任当初、事業所に出向いて歯磨きを指導したりしたが反応は鈍く、一方的に教えるのではなく、住民の声に耳を傾けるよう努めたという。小学校で保護者らと情報交換しながら昼休みの歯磨きを取り入れ、予防啓発の劇や紙芝居を作った。歯科レントゲン

 

 その結果、上斎原地区の子どもの虫歯や歯肉炎の要治療率は、99年の78%から2005年は18%と大きく改善し、現在はほぼゼロとなっている。シェードガイド

 

 住民と触れ合う中で、口内の不健康は誤嚥(ごえん)性肺炎や糖尿病にもつながる恐れがあるのに認識が低く、対応が後手に回っている現状も気になったという。着任後に取得したケアマネジャーの資格を生かし、歯科衛生士らと積極的に連携。介護福祉施設を定期的に訪問し、適切な食事法や口腔機能を回復させるリハビリ法について職員や家族に助言した。

 

 上斎原地区に赴いて間もなく20年となる澤田さんは「今は地域の皆と一緒にまちづくりをしている実感がある」と充実感をにじませる。週1回は大学や総合病院に通って新しい知識を追い求めており「これからも得た知見を地域に還元できる医師でありたい」と、受賞を機に決意を新たにしている。

 

adental.on.omisenomikata.jp