歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

87歳で輝く歯は31本、入念に手入れ「私の宝物」 うるまの又吉芳子さん

 沖縄県うるま市に住む又吉芳子さん(87)は日頃の入念な歯磨きのおかげで1本の歯も抜けずに31本がそろっている。県のデータによると、80代前半の高齢者の現存歯数の平均は8・6本。又吉さんの歯を定期的に検診しているファミリー歯科クリニックの島袋亮院長(43)は「17年以上診断しているがナンバーワンの歯。県内でも非常に珍しい」と驚く。11月8日は日本歯科医師会が定めている「いい歯の日」だ。歯科用ルーペ

 

 島袋院長によると、通常大人の歯の数は親知らずも含めて32本。又吉さんは成長の過程で親知らず1本が生えず、永久歯の数は31本になった。島袋院長は「又吉さんの歯は表面が硬いのが特徴」と説明。「遺伝的な要素と丁寧に磨いていることが丈夫な歯を作っている。見本となる歯だ」と分析する。スリーウェイシリンジ

 

 又吉さんが歯磨きにかける時間は約10分間。手始めにゴムタイプの歯間ブラシで食べかすや歯垢(しこう)を除去した後、鏡の前で歯ブラシを使って1本ずつ丁寧に磨いていく。仕上げはブラシを使って歯茎をマッサージするのが又吉さん流だ。

 

 又吉さんは通っているデイサービスセンターうるまの里でも、コーヒーやお茶、おやつを食べた後に歯を磨き、うがいをする。同センターの相談員、渡口祐樹さん(41)は「他の利用者の見本。歯を大切にしていることが健康につながっている」と話す。

 

 又吉さんは歯ブラシや歯磨き粉が普及していない戦前、食事後、塩水や薪の炭を指につけて歯や歯茎をこすって磨いたという。

 

 子どもや孫との外食が楽しみ。「歯は私の宝物。生きている間、丈夫な歯でいたい」と白い歯をのぞかせた。

 

plaza.rakuten.co.jp

元気な歯、健康寿命伸ばす 富山で全国歯科保健大会

 第38回全国歯科保健大会(富山新聞社後援)は11日、富山市富山県民会館で開かれた。富山では初の開催となる。全国の歯科医や一般参加者ら約900人が「よく噛(か)み、よく食べ、よく生きる。―健康寿命延伸はお口から」をテーマに、口の働きと健康維持について考えた。歯科レントゲン

 

 特別講演では、戸板女子短大客員教授を務める女優の菊池桃子さんが「長寿社会を笑顔で過ごす~大人の学びで見つけたヒント」と題して語った。菊池さんは40歳で大学院に進学した経歴に触れ「昨日まで知らなかったことが覚えられてうれしかった」と振り返り好奇心の重要性を説いた。シェードガイド

 

 シンポジウムでは、県の前田彰久厚生部長と富大大学院医学薬学研究部の戸邉一之教授、日本歯科医師会の堀憲郎会長が「健康寿命延伸に向けて」と題して議論した。前田部長は歯周病予防支援事業など、県の政策を紹介し、戸邉教授は糖尿病と歯周病の関連性について語った。

 

 大会実行委員長の山﨑安仁県歯科医師会長と厚生労働省武田俊彦医政局長、堀会長、石井隆一知事、富山市の今本雅祥副市長らが順にあいさつした。

 

 アトラクションでは、男子バスケットボール・Bリーグ富山グラウジーズのチアリーディングチーム「G.O.W」がパフォーマンスを繰り広げた。

 

adental.on.omisenomikata.jp

歯磨き粉で善玉菌が減ってしまう!?

毎日行っているのが歯磨きですが、間違った方法だと逆効果になることも。抗菌作用の高い歯磨き粉やマウスウォッシュは、虫歯や歯周病菌の除菌だけでなく、お口の中の良い菌も全て殺菌してしまう可能性があります。歯周病の進行や虫歯が多発している環境を一時的に良くするには有効ですが、予防として常用するには注意が必要です。過剰なケアで良い菌まで殺菌してしまうことは、菌のバランスを崩す可能性があるため、避けた方が望ましいのです。虫歯予防のためには、正しく「菌」を活用する必要があるのですね。そこで注目したいのが、「バクテリアセラピー」です。歯科用ルーペ

 

バクテリアセラピーって?スリーウェイシリンジ

 

バクテリアセラピーとは「善玉菌を利用して体内に常在する菌の質やバランスを改善する細菌療法」のこと。虫歯を予防するためには悪玉菌をなくせば良いのですが、抗生剤を用いて悪玉菌をなくすのではなく、善玉菌を摂取して体内で数を増やすことで、悪玉菌の力を抑えようとするものです。歯科クリニックでも「口内菌活」、いわゆる悪玉菌除去という目的でクリーニングや歯肉マッサージなどの治療を行っていますが、簡単にできるセルフケアもたくさんあります。

 

plaza.rakuten.co.jp

歯磨き粉で善玉菌が減る!?セルフでできる口内菌活で虫歯&口臭予防

腸内環境を善玉菌優位にする「菌活」が話題ですが、そのブームはオーラルケアにも到来! お口の中を善玉菌優位にして虫歯予防につなげようとするものですが、間違った歯磨きの仕方では逆に善玉菌を減らしてしまう可能性もあるとか。菌を味方につけて虫歯予防につなげる「口内菌活」とは? 自分で簡単にできるセルフケアの方法を、アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿の歯科医・小川朗子先生に伺いました!歯科レントゲン

 

バランスが大切! 身体の中の「善玉菌」と「悪玉菌」

そもそも私たちの身体の中には多くの菌が存在していますが、健康に良い働きをする「善玉菌」と、あまり良くない働きをする「悪玉菌」があります。これらの菌は口の中にもあり、普段はバランスを保っていますが、口の中で悪玉菌が優位になると虫歯や歯周病になってしまうのです。シェードガイド

 

「虫歯菌」の代表格はミュータンス

口の中には、口腔常在菌と言われる菌が生息していて、中でも虫歯の主な原因となるのはミュータンス菌とラクトバチラス菌。特にミュータンス菌は、歯垢プラーク)を温床として増殖し、歯の成分であるミネラルを溶かし、この状態が進むと虫歯になってしまうのです。

 

adental.on.omisenomikata.jp

子どもの矯正、早く始めるほどしっかり治る?

 宮崎台やすい矯正歯科クリニックの安井正紀院長に聞く「知っておきたい矯正治療のポイント」第3弾。歯科用ルーペ

 

 今回は3つ目の誤解のうち、『早く始めるほどしっかり治る』について矯正専門医としての考えを聞いた。スリーウェイシリンジ

 

 安井院長は「口の中の成長は、体の成長と同様に原則があります。矯正医が歯を動かしていっても、骨の成長を促すことはできません。口の中の大きさは子どもの自然の成長発育が基礎となって形成されていきます」と話す。成長により大きくなった場所に歯を動かしていくことが矯正医の仕事だという。

 

 骨がない所には歯は動かせない。歯を動かしたからといって骨が大きくなることはないため、子どもの成長が自然に出てくる前の早い時期に矯正を開始しても、歯の移動に必ず無理が生じてくる。そのため、前歯だけ揃えて小児矯正を終了するということになってしまう。よって、『早く始めるほど治りが良い』ということは誤解だという。

 

 安井院長は「大切なのは、成長に合わせて治療開始時期を決定すること。成長により、歯を動かすことができるスペースを確保できるまでは、無理に治療を進めることはしない方が良いでしょう」と話す。そのため、同院では、治療開始時期やスケジュール、治療の進め方などについてじっくり説明することを大切にしている。「お時間をいただく場合もありますが、しっかり理解し納得して治療を受けてもらいたい」と安井院長。

 

plaza.rakuten.co.jp

新「ブラウン オーラルB」は超極細毛が魅力 今ならキャッシュバック中!

小型家電ブランド「ブラウン」の充電式電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」がフルリニューアルし、2017年11月10日から全国で販売されます。歯科レントゲン

 

極細毛により歯垢除去力がアップ

 

「ブラウン オーラルB」は、歯科クリーニング器具に発想を得た独自の丸型ブラシが特徴。歯の1本1本を包み込むほか、3D丸型回転テクノロジーが歯垢をたたいて浮かし、左右反転運動で浮いた歯垢を素早くかきだしてくれます。シェードガイド

 

今回のリニューアルでは、付属ブラシとして新たに「やわらか極細毛ブラシ」を採用。その細さは、なんと髪の毛の約8分の1の0.01ミリ。この極細毛が歯と歯の隙間やキワにフィットするため、歯ぐきをケアしながらさらなる歯垢除去が期待できるようになりました。

 

「スマート」「PRO」シリーズは、さらにパワーアップ。リチウムイオンバッテリーを搭載することにより、電池残量が少ない状態であっても安定した回転数を維持するほか、充電時間の大幅な短縮が実現しました。また「スマートシリーズ」には全ての機種にBluetoothが搭載され、連動するスマートフォンアプリが磨くか所や時間を正しくガイドしてくれるようになりました。

 

オトナの女性に向けたデザインも加わりました。オーラルBの最上位モデル「ジーニアス9000」シリーズからは、ブラックとホワイトの既存製品に加え、昨今人気のトレンドカラー「ローズゴールド」と細部までこだわった「モロッコデザイン」の2種が新たにラインアップされています。

 

なお、11月10日から1月31日までは、全面リニューアルを記念したキャッシュバックキャンペーンも行われているので、歯ブラシを一新しようと検討している人は、この機会にぜひ試してみては?

 

adental.on.omisenomikata.jp

美容室は145万円…ジムや歯列矯正は?「20年の美容代」一番高いのはどれ

11月8日は「いい歯の日」。それにちなみ、透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科装置を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が美容にかかる費用を調査しました。歯科用ルーペ

調査では、20~60代で東京在住の女性500名を対象に、美容院やエクササイズ・ジムなど、1カ月にかかる美容関連の費用を調べ、1カ月あたりの美容代と歯列矯正にかかる費用を比較。

果たして1番お金がかかるのは、どの美容代でしょうか!?

「美容にかかる費用の比較調査」結果

1カ月にかかる美容費用、各項目の平均値は以下の結果に。スリーウェイシリンジ

・美容院・・・6,063円、

エステ・マッサージ・・・で8,027円、

・エクササイズ・ジム・・・で8,234円でした。

20年換算すると、美容院で145万円、エステ・マッサージで192万円、エクササイズ・ジムで196万円になります。

それに対し、歯列矯正の治療費は一般的に約100万円ほどかかりますが、20年換算すると100万円、1カ月換算した場合の費用は4,166円に。つまり20年間という長い期間でみると、歯列矯正よりも日々の美容にかかる費用のほうが高くなることが分かりました。

歯列矯正は特殊な場合を除き保険が適用されておらず、金額は様々です。アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が2013年に実施した調査によると、実際にかかった治療費は「50万円未満」が43%、「50~100万円」が34%となっており一概には言えませんが、今回は100万円を目安としました。

ちなみに、毎日カフェに行くと1カ月の平均値が8,000円、20年換算すると192万円で、積み重ねるとエステ並に金額が高くなることが分かりました。

 

plaza.rakuten.co.jp