歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

29日~ニクの日に考察する健康と味覚そして豊かな社会

 世界遺産日本食を産み出した食の究極もあればB級グルメという分野や大食いバトルまで、じつに日本の食文化は多彩です。わたくしが目を見張ったのは6月中旬にたまたまバラエティ番組で見たモスフードサービスの「にくにくにくバーガー」。番組はメニュー開発過程でボツになったものを出演者が試食し、協議の上で復活させるもの。多数の没メニューに大差をつけて復活したそれはいかなるものか?この番組を受けて実際に期間限定で販売されました。焼肉だれで味付けされた牛バラ肉と直火焼チキンを、炭水化物のバンズに代えてパティ(ハンバーグ状の肉)で挟む、まさに「肉×3バーガー」。毎月29日(ニクの日)発売が決定。果たしてこれは多様な日本の食におけるB級グルメのモンスターでしょうか?わたくしはそうは見ていません。歯科用ルーペ

 

 番組で見たその瞬間に、わたくしが直感したのはバランスです。今、ブーム化している炭水化物ダイエット。炭水化物を減らすことでカロリー摂取を減らすことが可能。まさにそれに見えます。しかしダイエットは超過を減らすことだけをさすわけではありません。足りていないものを摂らねばダイエットではありません。実は日本人、特に高齢者の多くが栄養失調となっています。栄養状態が戦争直後よりも悪いという報告もあり、厚労省もこの数年、高齢者こそ肉食をと呼びかけています。スリーウェイシリンジ

 

にくにくにくバーガーはその視点にマッチしています。実食してみるとモスバーガーらしい優しく甘みのあるソースと新鮮なレタスが三種の肉とマッチしてとても美味しく、お腹の底から元気が湧いてくるようでした。飲み物と合わせるとちょっとしたディナーの出費ですが、もはやハンバーガーというカテゴリーが多様化して、ファストフードから高級ステーキレベルまで多様な存在に成長している現在です。

 

 

摂食の重要性を再認識 医療・介護従事者が勉強会

 区内で在宅医療・介護に従事する事業者らでつくる「つるみ在宅ケアネットワーク」の合同勉強会が、10月11日、済生会横浜市東部病院で行われた。

 

 同ネットワークは、鶴見区医師会在宅部門が中心となり、2010年に設立された団体。円滑な在宅ケアのための顔の見える関係づくりなどを目的とし、多職種が連携して勉強会などを開いている。歯科レントゲン

 

 年に2回開かれる勉強会は、今回で16回目。当日は医師や看護師、ケアマネジャーなど約140人が参加した。薬剤師会や歯科医師会、鶴見大学歯学部の菅武雄氏による講演などのほか、参加団体からの情報提供などがあった。シェードガイド

 

 「摂食嚥下」をテーマに語った菅氏は、食べることの先に運動や歩行訓練があるとし、経口摂取の重要性などを解説。栄養摂取方法の確立が退院には必要となるものの、食べられないまま在宅に戻るケースもあり、「退院から在宅までの間に、中間として短期間で方法確立のための場所をもてないか」などとする提言もあった。

 

 そのほか、同会在宅部門では昨年から管理栄養士との連携にも取り組んでおり、その活動報告もあった。東邦薬品(株)の鈴木ゆきさんが登壇し、在宅における実績を発表。栄養管理により検査数値の改善があった例などを挙げ、在宅ケアとの連携の有用性を示した。

 

人気スリーウェイシリンジ用 ノズル 、歯科医療従事者向けの歯科器材通販サイト:血液検査でバセドー病再発を予測 東京医科歯科大

南風原、医療費伸び率減 窓口無料「コンビニ受診なし」

 【南風原】こども医療費助成事業で窓口負担をなくす「現物給付」を、今年1月に沖縄県内で初めて導入した南風原町が2日、1月から7月までの子ども1人当たりの医療費・受診件数の前年比の伸び率を発表した。歯科以外の医療機関「医科」の1人当たりの受診件数は、現物給付導入前の2016年の前年比6・22%増に対し、導入後の今年は前年比3・26%増だった。安易な受診が増えるとみられがちな現物給付だが、受診件数の伸び率は逆に減少していることが分かった。 歯科用ルーペ

 

 一方、低所得世帯の受診率が低いとされる歯科の1人当たり受診件数は、前年比15・58%増で、受診を控えてきた世帯が通院している傾向が明らかになった。

 

 医療費の助成対象者は、0歳から中学卒業まで。医科の1人当たりの医療費は、導入前の16年が前年比5・98%増の1804円で、今年は前年比2・98%増の1857円だった。現物給付導入後の医療費の伸び率は、導入前より低かった。 スリーウェイシリンジ

 

 歯科の1人当たりの医療費は、16年が前年比5・41%増の213円だったが、受診件数の大幅な増加に伴い、今年は前年比27・14%増だった。

 

 南風原町の担当者は「国民医療費は毎年伸び、子どもの数も増えているため医療費の合計は増えたが、1人当たりは増えていない。不要な『コンビニ受診』はない」と断言した。

 

http://luccye.hamazo.tv/e7685046.html

今日から出来る 口もとビューティー 「歯の健康シンポジウム2017」を開催

 歯の健康シンポジウム2017(主催:日本歯科医師会、協賛:パナソニック株式会社)が10月4日(水)、「今日から出来る口もとビューティー」のテーマの下、354名の参加を得て日本橋三井ホールで開催されました。歯科用ルーペ

 

 今回で21回目となる本シンポジウムは主に女性をターゲットに据え、「口もとビューティー」すなわち自信を持てる魅力的な笑顔のためには、毎日の正しい歯と口のケアが重要であることを示しました。また、今回もテレビ朝日の番組『BeauTV~VOCE』を通じた歯科啓発を行うべく、同番組と講談社の協力を得て公開収録も行いました。スリーウェイシリンジ

 

 基調講演では、和泉雄一・東京医科歯科大学教授が「すべての女性に知っていただきたい歯周病予防」と題して講演。女性のライフステージごとに注意すべき歯周病のリスクや、予防とケアのポイントなどについて説明するとともに、「健康長寿社会を実現するためには、学童期から歯周病予防・治療を積極的に行うことが大切。今日から口腔の健康管理、ひいては全身の健康管理に努め、“Mouth and Health”で健康な毎日を!」と呼びかけました。続けて、歯科衛生士の北原文子氏がブラッシング指導を行いました。

 

 シンポジウムの後半では、『BeauTV~VOCE』の公開収録が行われました。モデル、女優として幅広く活躍中の河北麻友子さんの進行の下、タレントのはるな愛さん、基調講演で講師を務めた和泉教授が「口もとビューティー」にまつわるトークショーを繰り広げるとともに、北原氏がブラッシング方法を披露しました。

 

 なお、収録の模様は11月3日(金)深夜1時50分(O.A後~次回放送までテレ朝動画、TVerで無料配信)に放映される予定です。

 

歯、口腔の健康増進へ協定 みやき町と歯科医師会

 三養基郡みやき町は12日、三養基・鳥栖地区歯科医師会(古賀隆利会長、65人)と、町民の歯と口腔(こうくう)の健康づくりを進める協定を締結した。協力して独自の検診を実施するなど口腔ケアに力を入れ、健康寿命を延ばすことにつなげる。歯科レントゲン

 

 みやき町は2014年度に「歯と口腔の健康づくり推進条例」を制定し、歯科医師会と事業を進めてきたが、今回の協定で連携の一層の強化を目指す。具体的には「歯などに関する情報提供と知識の普及啓発」「口腔の健康づくりの観点からの食育や防煙教育の推進」など7項目を定めた。シェードガイド

 

 町北茂安保健センターで調印式があり、末安伸之町長は「歯や口腔の状態は内臓疾患との因果関係が指摘されている。健康寿命の延伸につなげたい」と期待を寄せ、古賀会長は「よりよい施策を実施していきたい」と意欲を見せた。

 

 

健康長寿の新ガイドライン 東京都センターが策定、出版

 高齢になっても元気でいられる人と、そうでない人がいる。両者はどこが違うのか―。

 

 そんな健康長寿の鍵を探る疫学研究を続けている東京都健康長寿医療センター(井藤英喜理事長)が、国内外の成果を踏まえ、健康長寿を延ばすのに有効と考えられる方策を専門家の解説とともにまとめた「健康長寿新ガイドライン エビデンスブック」を刊行した。

 

 ガイドライン策定委員長を務めた同センター研究所の新開省二副所長は「高齢者の健康を考えるには、中年期までのように病気の有無に最重点を置く態度では不十分。別の要因も大事だと分かってきました」と話す。

 

 新ガイドラインは、高齢者の健康に大切な12の課題を取り上げ、達成したい目標や生活のポイントなどを示した。

 

 例えば「食生活」と「口の健康」では、中年期までは問題とされる肥満よりも高齢者では、やせや栄養不足の方が深刻だとして、体格指数(BMI)20以上の体重を維持することや、かむ力を守ることの大切さなどを強調。「体力・身体活動」では筋肉を落とさないことの重要性を説き、望ましい運動量などを示した。 歯科レントゲン

 

 他の課題は「社会参加」「事故予防」「地域力」「認知症」「生活習慣病」など。それぞれ複数の専門家が、注目の研究データを紹介しつつ提案をまとめており、自治体や地域で高齢者の保健事業に携わる専門職らに活用してほしいという。 シェードガイド

 

 新開さんによると、高齢者では、心身の機能だけでなく、生活する力や社会との関わりも評価する「機能的健康」という考え方が重要になっている。「機能的健康度が高い高齢者を増やす努力を続けたい」と話している。

 

虫歯診断装置:専門性生かした矯正治療を たけのうち矯正歯科

感謝かみしめ入れ歯供養 佐賀市の潮音寺

 使わなくなった入れ歯や抜けた歯に感謝する供養祭(佐賀県保険医協会主催)が7日、佐賀市の潮音寺であった。歯科医ら約10人が出席し、健康に暮らすために歯の大切さを確かめた。歯科用ルーペ

 

 同協会の新井良一副会長が「歯は健康そのものに影響し、発音や顔の表情づくり、認知症予防にも重要な役割を果たしている」とあいさつ。出席者が持参した約50人分の入れ歯などを供え、副島正幸住職(71)が読経した。副島住職は法話で自身も入れ歯を使っていることを紹介し、「私たちは先祖や周りの人々、物のおかげで生かされている」と語り掛けた。スリーウェイシリンジ

 

 太良町から訪れた歯科助手の女性(27)は「患者さんからは『入れ歯のおかげでご飯が食べられてうれしい』との声をよく聞く。入れ歯を作る技工士さんの存在の大きさも改めて考えさせられた」と話した。

 

 供養祭は今年で4回目。「入れ歯になる前に」との願いを込め、10月8日の「入れ歯の日」の前日に実施した。

 

人気スリーウェイシリンジ用 ノズル 、歯科医療従事者向けの歯科器材通販サイト:2位は虫歯治療! 妊娠中に受けた歯科治療の内容で最も多かったものとは?