歯科用デジタルX線センサー

高 解像度、高階調の歯科用デジタルX線センサー

専門医に聞け! Q&A 胸郭出口症候群の回避術

 Q:左の首から肩にかけて、こりが慢性化しています。最近、腕の痛みやしびれが特にひどくなったため、近くの医院で診てもらったら、胸郭出口症候群だろうと言われました。仕事で始終パソコンを使いますが、その影響があるのでしょうか。歯科用ルーペ

(通販会社勤務・40歳)

 

 A:胸郭は胸椎・肋骨・胸骨で形成されており、胸郭の上部には多くの筋肉が付いていて、頭部を支えています。鎖骨と肋骨の間には胸郭出口という狭い隙間があり、心臓から腕に行く動脈と、腕から心臓に戻る静脈が通っています。脊髄から出ている腕神経叢という末梢神経の束も、この隙間を通り、腕のほうまで伸びています。スリーウェイシリンジ

 

 胸郭出口症候群は、これらの血管と神経が圧迫されて発症します。前述したように、腕神経叢は腕や指に行く神経であるため、この神経が圧迫されると、肩や首、腕、指などに痛み、しびれなどの症状が起こります。

 

 ご質問の方の場合、パソコンを長時間操作しているので、筋肉が緊張し続けます。そういう生活を続けていると、首の骨にゆがみが生じ、首や肩のこりを引き起こします。首の骨のゆがみが胸郭にゆがみをもたらし、胸郭出口の隙間が狭められるのではないでしょうか。

 

plaza.rakuten.co.jp

首相動静(12月11日)

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。

 

 午前9時41分、私邸発。同57分、官邸着。歯科レントゲン

 

 午前9時58分から同10時20分まで、塩崎恭久厚生労働相、大河原昭夫日本国際交流センター理事長。同21分から同56分まで、麻生太郎副総理兼財務相財務省福田淳事務次官、岡本薫明主計局長。シェードガイド

 

 午前11時12分から同56分まで、加藤勝信厚生労働相厚生労働省の浜谷浩樹老健局長、鈴木俊彦保険局長。

 

 午後1時22分から同2時10分まで、太田昭宏公明党前代表。同11分から同23分まで、堀憲郎日本歯科医師会会長、日本歯科医師連盟の高橋英登会長、久保田智也理事長。同26分から同36分まで、英王立国際問題研究所と大和総研共催の会議に向けたビデオメッセージ収録。

 

 午後3時3分から同19分まで、野球リトルリーグの世界選手権優勝チーム「東京北砂リトルリーグ」の表敬。

 

 午後3時20分から同39分まで、希望の党拉致問題対策本部松原仁本部長、中山恭子本部長代行。

 

 午後4時22分、官邸発。同23分、公邸着。月刊誌「Hanada」のインタビュー。同5時36分、公邸発。同37分、官邸着。同55分から同6時12分まで、韓日議員連盟の姜昌一会長らの表敬。

 

 午後6時51分、官邸発。同7時2分、東京・銀座のステーキ店「かわむら」着。麻生副総理兼財務相自民党二階俊博幹事長、竹下亘総務会長、岸田文雄政調会長、林幹雄幹事長代理、河村建夫衆院議員と会食。

 

 午後9時7分、同所発。同27分、私邸着。

 

 12日午前0時現在、私邸。来客なし。

 

adental.on.omisenomikata.jp

歯にズキズキする痛みがある

虫歯の初期症状には水がしみるなどがあります。これは歯の内部にある象牙質という部分に虫歯が進行すると歯の内部の神経に水の刺激がごくわずかに伝わるためです。この状態で虫歯の治療を行うことができれば、歯の神経を取らずに1~2回の治療で治すことができます。歯科用ルーペ

 

しかし放置すると虫歯がさらに進行して歯の神経が直接細菌に触れてしまい痛みがさらに強くなるとズキズキした痛みになることがあります。この状態から歯の治療を行っても内部の神経を残せないことが多く、治療期間も長引いてしまいます。スリーウェイシリンジ

 

虫歯以外にも歯の神経を抜いたあとにしばらくしてから、歯の内部の汚れが原因で、歯の根の先端部分の骨に膿が溜まり、骨に囲まれた空洞に膿の圧力が高くかかるとズキズキする痛みになることがあります。この場合は詰め物をすぐに取り外して歯の内部から膿を出す治療が必要になります。

 

plaza.rakuten.co.jp

歯科医が教える「今すぐ歯医者に行くべき5つの症状」--Part2

■第3位 歯に物がはさまる

食事の後に歯に物がはさまるのが気になる人は要注意。はさまるたびに確実に取り除く習慣でもない限り、いつの間にかその状態に慣れてしまい取り除かないままになっていきます。すると虫歯が歯と歯の間から急速に進行してトンネル虫歯を作ります。その穴にさらに食べカスや虫歯菌が入り込み虫歯の進行を加速させていくのです。歯科レントゲン

 

量が多くなると歯ブラシや歯間ブラシでは取れないようになります。実際歯科医院で歯の治療器具を使って取り除くと、どれほど圧縮されて詰まっていたのかと驚くような大量の食べカスが、次から次へと出てくることもしばしばです。シェードガイド

 

繊維状の食べカスが大量にはさまると、歯ぐきの奥の方に次から次へと押し込まれて、虫歯と歯周病が急激に進行するため、そのままでは歯の寿命極端に縮めることとなり、ひどくなると抜歯になることもあります。

 

adental.on.omisenomikata.jp

被災ストレス、歯に負担 熊本市の歯科医師学会報告

 熊本地震後に、歯が欠けるなど口の中の環境が悪化した例が増えたとする報告を、熊本市中央区の菅健一歯科医師がまとめ、11月中旬に鹿児島市であった日本心療内科学会で発表した。歯科用ルーペ

 

 報告によると、菅医師の歯科医院で緊急の治療が必要な件数は、2016年1~3月は1カ月当たり3~7件で推移。ところが地震後の4月以降に急増して、6月は29件、9月は28件、12月は32件に上った。

 

 症例は、奥歯をかみ割るなど「歯自体の悪化」が45%。腫れるなど「歯茎の悪化」18%、金属が食い込むなど「入れ歯のトラブル」18%だった。スリーウェイシリンジ

 

 菅医師によると、ほとんどはストレスで歯を食いしばることによるトラブル。「睡眠不足や避難所生活、被災後の仕事の不安などを抱えた被災者が多い」と話す。

 

 歯を食いしばりったり歯ぎしりしたりすると、かみ合わせた部分に1平方センチメートル当たり60~100キロの負担がかかるという。食事(6~8キロ)の10倍の「負担」で、歯が欠けたり傷ついたりすると、雑菌が侵入して虫歯の原因になる。

 

 対策として菅医師は、あごや歯茎のマッサージを推奨。あごの付け根周辺のほおをもんだり、奥歯の「親知らず」辺りの歯茎を直接触れたりすると、リラックス効果がある。また「普段の生活で、口を開けずに上下の歯を離しておくだけでも、歯やあごの負担が減る」と助言している。

松本歯科大 歯の再生医療センター開設

 松本歯科大学塩尻市)は15日、大学病院に「細胞・再生医療センター」を開設し、歯科分野の再生医療を開始すると発表した。カネカとダイダンが整備した小型の細胞調整施設を利用し、治療に必要な細胞を自動培養して臨床研究から始める。同センターの設備で安全性を確保しつつ作業コストを低減できるため、再生医療の普及をめざしていくという。歯科レントゲン

 

 同センターは同病院の医科歯科連携診療部に設置した組織で、大学病院で行う再生医療を支援する。設備はダイダンの気流制御技術を使ったクリーンルームに、カネカの自動細胞培養装置を入れた。投資額は2000万円前後という。再生医療に使う通常の設備に比べて小スペースで、細胞培養も自動化される。維持費も含めてコストを1割程度にできる。シェードガイド

 

 最初に取り組むのは歯を支える「歯槽骨」の再生医療。腫瘍などの病気で歯槽骨が萎縮したり欠損したりして、骨の移植が必要な患者が対象。腰から骨髄液を採取して骨のもとになる細胞に自動培養し、患者に移植する。11月にも治療対象者を募集する計画だ。

 

 カネカの装置は容器が密閉したシステムで細胞培養が行われるため、業務の負担を軽減できるとともに、人手による汚染を避けて安全性も確保できる。再生医療で自動培養した細胞の臨床応用は日本で初めてという。

はじめに「事前対応の歯科医療」を意識する

皆様の人生を長期的視点でみたとき、歯の健康が得られている方の人生は大変素晴らしいものになる! ということを、日々の臨床において多くの患者さんを見るたびに実感しています。

しかしながら、今でも多くの方が「痛い・ 詰め物がとれた」などの問題が生じてから歯科医院へ緊急的に駆け込む「場当たり的な、事後対応の歯科医療」になっているようです。

子どもの頃は定期的な歯科検診がありますが、大人は何か問題が起こらない限り検診を受けるきっかけがありません。しかし、歯の健康は知らず知らずのうちに損なわれている可能性があります。また、歯のトラブルは想像以上に日常に支障をきたします。ですから、本来は「予防」「メンテナンス」をして健康状態をキープすることが理想的なのです。実際、欧米では「事前対応の歯科医療」の方が一般的です。 歯科用ルーペ

歯科医師としてお勧めしたい「事前対応の歯科医療」とは、3つのステップで成り立っています。

1. まずは自覚症状の有無にかかわらず歯科医院へ予約をとって、口腔内の検査を受ける。
2. そして歯科医師によって問題ありと診断された場合には、的確な予防管理のもと重症化しないうちに然るべき処置を済ませる。
3. 問題なし または問題歯の処置後に、定期検診にて以下の点などを確認していき、口腔内のレベルを高い位置に保っていく。
・新たな問題が生じていないか?
・材料劣化は生じていないか?
・歯磨き等の予防管理が自己流になっていないか? スリーウェイシリンジ

「事前対応の歯科医療」は初期のうちは大変なのですが、それを乗り越えてしまえばとても快適、そして経済的に過ごすことができます。皆様におかれましては、口腔内の健康を健康な状態に保つために、ぜひ「事前対応の歯科医療」をお勧めしたいと思います。

 

東京医科歯科大、機械・たんぱく質不使用 カテーテル型人工すい臓 | 根管長測定器